銀晶 Project Crystallize Silver

東方が大好きな8人が集まって出来たサークル。主な活動は「M.I.W」さんで出されているカードゲーム『vision』の大会を開いたりとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第1回調布公認大会お疲れ様でした。

Web管理担当の手虎さんに諸々の作業を丸投げして潜伏しておりましたサークル銀晶主宰の十六夜です。

7/22に調布で行われたVISION公認大会ですが、当初は「16人来てくれればいいよね」などと言っていたところあれよあれよという間に参加人数が増え、最終的には27人もの方々にご参加いただきました。
大会運営などに不慣れな我々がなんとか乗り切ることが出来たのはひとえに参加者の皆様にご協力いただいたお陰です。本当にありがとうございます。

さて、それでは以下にて上位陣の皆様のデッキレシピを拝見しながら簡単に大会全体への考察なぞを。基本的に秋葉原公式大会blogのパク……もといリスペクト的な形式を取らせていただきたいと思います。





第5位 ひもぱんさん

-キャラクター:16-
2 上海人形
3 サニーミルク
3 霧雨 魔理沙
2 レミリア・スカーレット
3 符ノ壱"アリス・マーガトロイド"
3 符ノ壱"十六夜 咲夜"

-スペル:11-
3 人界剣「悟入幻想」
3 新史「新幻想史」
3 紅符「スカーレットシュート」
2 毒符「神経の毒」

-コマンド:23-
3 マナの生成
2 情報戦
3 作戦阻止
2 秘密結社
3 強引な取引
3 断罪裁判
2 離反工作
3 瞋怒
2 秋の女神

-サイドボード:10-
1 藤原 妹紅
3 疾風「風神少女」
2 秘術「グレイソーマタージ」
3 紅葉狩り
1 破滅の呼び声


3勝1敗でオポーネント差により5位となりましたひもぱんさんのデッキです。
何故かデッキシートには「ひもぱん(笑)」と署名されていますが見て見ぬフリ。

典型的なマナチャージコントロールタイプですが、エラッタの適用以降あまり採用されなくなってしまった壱符咲夜をあえて投入し、ノードや冥界からカードの回収を行って安定性の向上を図っているようです。
また2枚挿してある情報戦も特徴的で、相手の手札を確認しながらキーカードを破棄して優位性を保つには非常に効果的。同系との勝負になった場合はほぼ確実に相手のコントロールカードを消費させられるという意味でも鋭い一撃となります。

サイドボードの妹紅に関しては……最早何も言いますまい。


----------


第4位 cirnoiaさん

-キャラクター:21-
3 上海人形
3 サニーミルク
3 ルナサ・プリズムリバー(幽)
2 リリカ・プリズムリバー(幽)
3 メルラン・プリズムリバー(幽)
2 リリーホワイト
3 上白沢 慧音
2 上白沢 慧音(白沢)

-スペル:12-
3 神術「吸血鬼幻想」
1 夢符「二重結界」
3 新史「新幻想史」
3 合葬「プリズムコンチェルト」
2 騒符「ノイズメランコリー」

-コマンド:17-
3 マナの生成
3 作戦阻止
1 白楼剣
2 秘密結社
3 強引な取引
2 解呪
3 ディゾルブスペル

-サイドボード:10-
3 チルノ
2 十六夜 咲夜
1 禁忌「フォービドゥンフルーツ」
1 秘密結社
1 解呪
2 幻想の四季


同じく3勝1敗、オポーネント差により4位となりましたcirnoiaさんのデッキです。

プリズムリバーを主体とした低グレイズビートダウンですが、一時期大会を席巻したノードロックタイプではなく作戦阻止・ディゾルブスペルなどで相手のカードプレイを妨害しながら継続的にライフを削っていくタイプのようです。
この手のデッキとしては珍しくキャラクター除去系カードが採用されていませんが、耐久の高いブロッカーに対してはプリズムリバー三姉妹の連携や強化された慧音が純粋な攻撃力で打ち抜く展開に持っていけるようになっています。

そしてサイドボードのチルノ(ry


----------


第3位 yuniさん

-キャラクター:19-
3 蓬莱人形
3 サニーミルク
1 ルナサ・プリズムリバー(幽)
3 霧雨 魔理沙
3 レイラ・プリズムリバー
3 プリズムリバー伯
3 符ノ壱"アリス・マーガトロイド"

-スペル:12-
3 人界剣「悟入幻想」
3 新史「新幻想史」
3 紅符「スカーレットシュート」
3 毒符「神経の毒」

-コマンド:19-
3 マナの生成
2 作戦阻止
3 秘密結社
3 白楼剣
3 強引な取引
2 離反工作
3 瞋怒

-サイドボード:10-
1 鍵山 雛
3 式弾「ユーニラタルコンタクト」
3 紅葉狩り
3 破滅の呼び声


同じく3勝1敗、オポーネント差により3位となりましたyuniさんのデッキです。

知っている人は知っている、毎度おなじみマナチャージコントロール型のレイラ・伯ビートダウン。
白楼剣を最初から3枚投入することで耐久の低い魔理沙やレイラを相手の除去カードから守って場を展開しつつ、こちらは豊富な除去カードと妨害カードで相手の手札とキャラクターを削って殴り倒すのがメインの戦い方のようです。
サイドボードのユーニラタルコンタクトが特徴的で、リアニメイトをはじめとする一撃必殺型の超火力への対応も万全となっています。

あと雛。


----------


第2位 かーまさん

-キャラクター:13-
3 上海人形
3 サニーミルク
3 霧雨 魔理沙
3 符ノ壱"アリス・マーガトロイド"
1 符ノ壱"レミリア・スカーレット"

-スペル:10-
3 人界剣「悟入幻想」
2 新史「新幻想史」
3 紅符「スカーレットシュート」
2 毒符「神経の毒」

-コマンド:27-
3 マナの生成
3 作戦阻止
3 秘密結社
2 白楼剣
2 対抗魔術
3 強引な取引
3 断罪裁判
2 離反工作
3 瞋怒
3 秋の女神

-サイドボード:10-
3 疾風「風神少女」
1 離反工作
3 紅葉狩り
3 破滅の呼び声


3勝1分で2位になりましたかーまさんのデッキです。

デッキシートを入力しながらふと違和感を覚えて秋葉原公式blogの方を確認させていただいたところ、案の定というかなんというかすげえ前回の大会と1枚しか変わってな(ry
上位陣常連の方々全員に言える事ですが、デッキ構成が固まっているということはすなわち完成度の高さを意味しています。かーまさんのデッキもその一つで、豊富な除去・妨害・防御カードを3挿しの秋の女神を使用することによって低コストで回して常に相手の行動を阻止できるだけのノードを残しておけるように十分配慮されているようです。

そして唯一、サイドボードではなくデッキに嫁が投入されているようです。


----------


第1位 MASATOさん

-キャラクター:17-
3 上海人形
2 蓬莱人形
3 サニーミルク
3 霧雨 魔理沙
1 レミリア・スカーレット
3 符ノ壱"アリス・マーガトロイド"
2 符ノ弐"アリス・マーガトロイド"

-スペル:12-
3 人界剣「悟入幻想」
3 新史「新幻想史」
3 紅符「スカーレットシュート」
3 毒符「神経の毒」

-コマンド:21-
3 マナの生成
3 作戦阻止
3 強引な取引
3 秘密結社
2 離反工作
3 断罪裁判
3 瞋怒
1 破滅の呼び声

-サイドボード:10-
1 東風谷 早苗
2 疾風「風神少女」
3 禁忌「フォービドゥンフルーツ」
1 解呪
3 紅葉狩り


4戦全勝で1位となりましたMASATOさんのデッキです。

かーまさんのところで驚いた私が未熟でした、サイドボードに多少の変更は見られるもののメインデッキそのものは前回大会と全く変わってないじゃないか!(笑)
ということで非常に分かりやすいマナチャージアリスコントロールデッキです。弐符アリスと人形を場に揃えることが出来れば毎ターン数点の戦闘力強化を得ることが出来るため、他のタイプのデッキに比べて除去カードへの対策が少なくて済むようになっているのがポイントです。
またサイドボードにはある意味最強の除去カードであるフォービドゥンフルーツが3枚投入されており、相手が1枚のカードに頼るギミック系デッキであった場合は2戦目以降完全な潰しを掛けることができるようになっているようです。

そしてやっぱりサイドのトップに嫁。ご本人曰く「サイドボードに早苗を入れるようにしてからグンと勝率が上がった」とのことです。これが奇跡の力か。





そして今回より公認大会でも参加者の1/4枚だけPR05 冥符「紅色の冥界」を配布できるようになりましたので、それらとこちらで準備した賞品、及びご提供いただいたグッズを勝者7名への褒章とした上で大会終了後の余興という形の特殊ルール戦を用意させていただきました。ずっと気になっていた「上位に食い込むプレイヤーというのはデッキが強いのか? はたまた引きやプレイングが上手いのか?」という個人的な疑問の解決も兼ねて。
ということで、非常に唐突でしたが参加者の皆様にランダムにデッキを割り振り、他のプレイヤーのデッキを使って待ったなしの一本勝負を行うシャッフルバトルです。
制限時間たった20分、前もってデッキ内容の確認は禁止、当然サイドボードなんて存在しないという悪夢のようなルーリングをかいくぐって勝ち抜いたのは以下の7名の方々でした。括弧内は使用したデッキの本来の持ち主の方々です。

MASATOさん (くろさん / れいやさん)
中村忠則さん (melfさん / 九十九さん)
ゆ~りさん (れいやさん / OGGGさん)
cirnoiaさん (OGGGさん / keiさん)
yuniさん (MASATOさん / くろさん)
クラムハリドさん (九十九さん / かーまさん)
M.T.さん (メルキスさん / MASATOさん)

見ての通り本戦でも上位に食い込んだプレイヤーが多く、引き運云々を無視してもやはり熟練されたプレイングはデッキ構成差を埋めるに足りる、ということのようです。
また上位陣を助けたデッキは大抵がマナチャージコントロールの動きを主眼としたものでしたが、melfさんのシルフィホルン超速攻デッキやくろさんのハイランダー(!)など一部通好みの特殊なタイプも存在したのが興味深いです。

このシャッフルバトル終了後、7名の間で賞品を巡って色々と醜い争いがあったような気もしましたがそこは割愛。
開場が9時30分だったにも関わらず21時30分まで会場を貸切にするという主催のトチ狂った判断により、その後も時間いっぱいまでドラフト戦やフリープレイなどをお楽しみ頂けたようです。
……というか、スタッフ側の人間もかなり混ざってました。素で楽しかったです。





それでは長々と綴ってしまいましたが、以上をもって第1回VISION調布公認大会のレポート(?)とさせていただきたいと思います。
次回は9月15日くらいにまた開催できればいいなと予定を練っているところです。偶数月が匠杯なのでじゃあ我々は奇数月だ! という単純思考に他ならないわけですが。
詳細が決定次第またサークル銀晶のWebサイトにて告知いたしますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


あ、ちなみにもう会場は確保済m(ry
スポンサーサイト
大会レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<札幌公認大会開催決定! | HOME | 調布大会が近づいてきました。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。